北欧フィーカ|傘から広がる世界。傘作家・イイダ ヨシヒサさんの「イイダ傘店」|日本・Made in Japan|Scandinavian fika.

デンマーク・スウェーデン・フィンランド、北欧デザインの旅。

傘から広がる世界。傘作家・イイダ ヨシヒサさんの「イイダ傘店」

傘作家の飯田純久さんに初めてお会いしたのは、2005年の秋。「イイダ傘店」が始まったばかりのころです。あのとき、イイダさんに見せていただいた「オヤドリ」の雨傘のシックでエレガントなラインや、赤と青のストライプの日傘「めん棒」をひらいた時の感激は今も忘れません。
イイダさんがつくる傘には、愛らしさと美しさ、気品と遊び心があって、雨の日が待ち遠しくなります。晴れた日にはバッグに入れて、どこへでもいっしょに連れてゆきたくなります。
「イイダ傘店」の傘はお店では買えません。年2回開かれる日傘と雨傘の展示受注会で、オーダーを受けた数だけ手づくりで制作され、1本1本、お客さんのもとへ届けられます。

長く愛される「傘」をつくること。
傘から広がる世界───「イイダ傘店」秋の雨傘展へ。

 

□写真/ 「しわ」そのものがデザインされた『ハナミズキ』の傘。雨傘の生地でつくられたリュックも素敵。

>> イイダ傘店の過去の展示会の模様と合わせてご覧ください。

Umbrella of Iida-Kasaten

イイダ傘店

「イイダ傘店」は傘作家・飯田純久さんのオリジナルテキスタイルを使って、長く使える傘を1本1本手づくりでつくっている人気の傘屋さん。お店を構えずに、年2回の日傘・雨傘の展示受注会でオーダーを受けた数だけ制作するというシンプルなスタイルにこだわっています。傘の生地や柄えらびから、パーツの素材えらびまで。お客さんと顔を合わせ、ことばを交わし、世界にひとつだけの傘をつくります。オーダーメイドの傘はとても高価なもので、できあがるのは2〜3ヶ月後。それでも、「イイダ傘店」の傘を持つ日を夢見ている人たちがたくさんいるのです。
展示会以外にも「傘から広がる世界」をコンセプトに、mina perhonen(ミナ ペルホネン)をはじめとする数々のブランドやクリエーターとのコラボや、雑誌や映画や舞台、テレビ、CMへの作品提供など、さまざまな分野に活躍の場を広げています。
それでも「傘文化を大切にしたものづくりがしたい」と語るイイダさん。使い捨てではなく、長く愛される特別な1本をつくること。雨の日も心躍る傘。 日々の暮らしの中に、思い出の中に、いつも「傘」があるということ。

2014.1. update.

Vegetable sticks

野菜スティックと雨傘展

平成二十五年、秋。しわしわの紅茶染めの紙に描かれた新作テキスタイルデザイン『ハナミズキ』のDMを手に、東京・中目黒へ。「イイダ傘店」秋の雨傘展へおじゃましました。イイダさんとは8年ぶりの再会!でも、ぜんぜん変わってない!坊主頭も昔のままです。ファンの一人として、こんなに嬉しいことはありません。
「イイダ傘店」の傘も素敵ですが、イイダさんも本当に素敵な方です。いつも自然体で、おおらかで、おちゃめで。誰もがうっとりするような美しい傘をつくってらっしゃいます。
「イイダ傘店」2013年秋の新作は、「しわ」そのものがデザインされたシックな『ハナミズキ』の傘のほか、にんじん(オレンジ)、きゅうり(黄みどり)、だいこん(白)をモチーフにしたカラフルな3色傘『野菜スティック』がかわいかった!赤パプリカ、黄パプリカ、セロリの3色もありました。
「イイダ傘店」の食べものシリーズといえば、『クロワッサン』や梅干しつきの『のり弁』も傑作です!身近なものをモチーフに、これまでに見たことないような楽しい傘をつくる。これこそ、「イイダ傘店」の素晴らしさなのです。

2014.1. update.

Coma Pouch

コマポーチ

傘は小間(コマ)と呼ばれる三角形の生地を、8つ縫い合わせてできています。こちらは小間から生まれたコマポーチ!ミルクのテトラパックのようなカタチがなんとも愛らしい。傘柄グッズは他にも、三角形のコマバッグやトートバッグ、へアバンドやティッシュカバーが並びます。「イイダ傘店」では生地は1度しかプリントしないため、どんなに好きな柄があっても、なくなりしだい終了なのだとか。もう販売していない初期の傘のテキスタイルに出会えるのはグッズだけ。そういわれると、ほしくなります。
その他、防水加工された雨傘の生地でつくられたリュックサックや、新作テキスタイルの『いちょう』『そらまめ』などが描かれたオーガニックコットンタオル。レターセット、ポストカードなど、うきうきするようなアイテムが充実!いつか、いつかと……傘をほしい気持ちをグッと抑えなきゃいけないときも、傘展を訪れた記念のおみやげは、きっといっぱい見つかるはず。

2014.1. update.

Textile Design

布づくりと傘づくり

多摩美術大学の染織科でテキスタイルを学んでいたというイイダさん。大学4年のときに自分で染めた布でプロダクトを作ることになり、洋服ではなく、傘を選んだそうです。なぜ「傘」を選んだのか、きっかけはあやふや。でも、妙に傘に愛着がわいてきて。そこから、イイダさんの布づくりと傘づくりの日々が始まったそうです。
「イイダ傘店」では春と秋の展示受注会に向け、4〜5種類の新作テキスタイルデザインを考え、そこから型を起こす人、色を染める人、織る人と、それぞれの職人さんとやりとりをしてオリジナルの生地を制作していくのだそうです。素材によって産地も違えば、織り方によって工場も違うので、今では全国各地の工場をまわって、布づくりに励んでいるそうです。
傘づくりと同じくらい、自分の布を作りたいという気持ちが強くあったというイイダさん。布づくりの情熱は、傘だけでなく、ハギレのバックやポーチになっても愛くるしく輝いています。

2014.1. update.

Tsuyusaki

つゆさき

雨露が傘をつたってぽたぽたおちる先、ここを何と呼ぶかご存知ですか? あまりにもきれいな名前だったので、つい見入って、何度もつぶやいてしまった露先(つゆさき)。べっこう飴のようなものから、金色に光る真鍮(しんちゅう)まで、色や形や素材もいろいろ。「イイダ傘店」のオーダーメイドは、生地や柄だけでなく、傘を持つ手元や、てっぺんのとんがった石突(いしづき)、傘骨や、ひらひらを束ねるバンドのボタン、露先のパーツひとつひとつまで、好きなものを選んでつくってゆきます。
「イイダ傘店」はイイダさん他、女性のスタッフが2名。アトリエの畳に座って、昔ながらのスタイルですべて手作業つくっているのです。展示会ではスタッフのお二人にも、傘について、いろいろたずねてみました。毎日その手で傘をつくっている皆さんだからこそ、傘のことを、細部にいたるまで丁寧に教えてくれます。だから、初めての人にもやさしい。
「傘職人」という響きがなんだかおかしく思えてしまうほど、「イイダ傘店」の雨傘展には、さわやかで、初々しくて、春の息吹のような新しい風が吹いていました。傘好きのスタッフ、ハヤセさん、タカヤマさんからこぼれる笑顔と、イイダさんの澄んだまなざしが、「傘のある世界」をもっと楽しいものに変えてくれます。

2014.1. update.

Pen of ducks

「アヒルの傘」のペン

毎回工夫を凝らして、みんなをハッと驚かせる「イイダ傘展」のDM。紙にもデザインにもとことんこだわっています。ずっと捨てずに大事にしまっておきたいもの。「イイダ傘店」の案内のDMがほしいときは、展示会のノートに連絡先を記帳。書くときは「アヒルの傘」のペンをどうぞ。こちらは木工作家の KIYATAさんとコラボして作った「アヒルの持ち手の日傘」のペン(非売品)。大人気の「動物持ち手」シリーズは、バックに入れてもひょっこり顔を出して、もうかわいくてたまりません!

「イイダ傘店」の飯田純久さんにどうしてもお会いしたくなったのは、「天然生活」2013年7月号に掲載された『思い出を傘に仕立てて』という特集を読んだとき。イイダさんが傘づくりの師匠と慕う「ハマヲ洋傘店」の鎌田さんを訪ねるお話に心打たれました。
蒲田さんが思い出の着物を日傘に仕立てたこと。できあがった傘に手紙を添えること。イイダさんが受け継いだ傘の木枠のこと。何度もひらいて見ている傘の洋書のこと。ペガサスのミシンのこと。傘めぐりの旅のこと。
私には「傘」のことはよくわかりませんが、一目見てそれが、美しい傘だということはわかります。1本1本手づくりで仕立てる傘は、一生大切にしたいと思えるもの。「イイダ傘店」と「ハマヲ洋傘店」は、「傘」は暮らしとともに思い出を紡いでゆくものだと教えてくれます。

2014.1. update.

イイダ傘店

IIDA KASATEN

傘作家・飯田純久さんがつくるオリジナル傘ブランド。年2回、日傘と雨傘の展示受注会を開催。
http://www.iida-kasaten.jp/

ありがとう!

念願の再会を果たすことができた飯田純久さん。本当にありがとうございました!お会いできて嬉しかったです!今は「北欧」と「イイダ傘店」につながりがあるわけではありませんが、きっと北欧を好きな方なら、イイダさんの「傘」の美しさに共感してくれるはず!と思い、ここにご紹介させていただきました。いつか大切な家族や友人に、「イイダ傘店」の傘をプレゼントしたいな。

イイダ傘店・H26 春の日傘展

こもれび、道草、トウモロコシ。イイダ傘店の「平成二十六年・春の日傘展」へ。 >>more

イイダ傘店・H26 秋の雨傘展

『イイダ傘店のデザイン』と、「平成二十六年・秋の雨傘展」へ。 >>more

イイダ傘店・アーカイブ展 春

イイダ傘店 10周年記念。「平成二十七年春 日傘・雨傘 アーカイブ展」へ。 >>more

イイダ傘店・アーカイブ展 秋

イイダ傘店 10周年記念。「平成二十七年 秋 日傘・雨傘 アーカイブ展」へ。 >>more